日帰りで行くスノボのメリットデメリット

スノボのシーズンになると、多くの人がスキー場に集まります。

スノボを1日楽しんだ後は宿泊する人もいれば、日帰りで帰る人もいて、その方法は異なります。日帰りで行くことにした場合のメリットとデメリットがあります。日帰りはその名の通り、その日1日滑った後は宿泊などはしないで帰宅することで、もし自家用車で行く場合は運転手が必要です。自分が運転する人になった場合、1日滑って疲れた体であるとしても帰宅するまで運転する必要が出てきます。

朝早くに到着して1日スノボを楽しむと帰りは疲れてしまうことが多く、デメリットになってしまいます。反対にメリットと言える点は、宿泊をしないため宿泊代はかからずに経費の削減につながります。その分また別の日の1日リフト券を購入する代金に充当することができます。バス日帰りツアーには早朝出発で格安でスキー場へ行くことができるプランがあります。

しかし、スノボは人気があるウィンタースポーツで、格安ツアーの日帰りプランは多くの旅行会社で用意されていますが、早めに予約をしないとすぐに予約で埋まってしまいます。特に週末は人気があり、料金も高い価格で設定されています。

スキー場への行き方と場所によっては宿泊した方が良い場合もあり、まとまった休みがとれない、混み合う年末年始などは宿泊を選択する人も多くいます。どちらを選択するかは自由ですが、優先点をどこに設定するか、誰と行くかで異なってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *