尾瀬のツアー旅行の特徴と注意点

各出発地と現地の往復路をバスで移動する尾瀬ツアー旅行は、日帰りのものが多く、深夜に出発して車内で仮眠をとり、翌朝の明け方から活動を開始するものや、当日の朝に出発してお昼頃に現地で活動を始めるものなどがあります。

前者は時間に余裕がありたっぷり自然を満喫することが出来ますが、後者はより気軽に参加できるのが特徴です。尾瀬ツアー旅行は、様々な会社が提供しているものがありますが、どれも比較的安い料金設定になっています。そのためちょっとした小旅行に向いているプランだといえるでしょう。そんな尾瀬ツアー旅行は、家族や友人と一緒に参加するものであると思われがちですが、1人で参加する人も少なくありません。

添乗員が同行していることに加え、1人で参加した場合には、同性の人が隣の席になるように調整されていることも多いので、安心して参加する事ができます。このように気軽に参加できるのが尾瀬ツアー旅行の特徴ですが、出かける前には注意点も確認しておくのがお勧めです。山岳地域に分類されるこのエリアは、真夏でも朝や夕方は15度以下になることも少なくありません。

平野部と比べると10度以上の気温差があるのが特徴です。そのため、夏でも長袖を着ていったり、重ね着できるような準備をして行くようにします。また天気が急に変わることも多く、突然雨が降ることもあるため、雨具の用意をしておくことも大事です。またハイキングや登山をする尾瀬ツアー旅行に参加するときには、歩きやすい靴を履いていくことも注意点の1つとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *