尾瀬に行くツアーはどうやって向かうのか

尾瀬国立公園は、環境保護対策が長期間にわたって続いているエリアとして有名で、その理由もあって水質が非常に綺麗に保たれています。

生態系が崩れる事無く維持されている事から、バードウォッチングや高山植物観察の場として訪問する人が多くいて、上越新幹線やツアーバスを使って現地に行く事が出来ます。新幹線に関しては、群馬県内の駅からシャトルバスに乗り換える必要があるので、乗り換えしたくない人はバスツアーを使うのがおすすめです。バスツアーは、多くのエリアから出発している事もメリットで、都内郊外からも参加が可能です。

尾瀬行バスツアーは、4月頃から予約を開始する旅行会社が多く、大型連休・夏休み・土休日は混雑しやすくなっているので、そのタイミングで行く場合は早めの予約が大切と言えます。尾瀬は、多くのエリアで1500mを超える高原地帯になっている事から、東京都心と比較すると10度程度気温が低く、天候が急変しやすい点も特徴です。

特に夏場は、雷・にわか雨も頻繁に起きているので、雨具の持参や撥水加工されたリュックで参加する事は必須と言えます。なお、夏であっても半袖で行くのではなく、長袖シャツ・長ズボンで行くのが必須であり、半袖で行ってしまうと日に焼けやすくなったり、虫に刺されやすくなる可能性があります。紫外線に関しては、長時間滞在をすると思った以上に浴びているので、5月や秋以降であってもしっかりと対策を行っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *