東京から尾瀬までの交通アクセスは

一般的に尾瀬と言っているのは尾瀬国立公園のことです。

ここは群馬県や栃木県、福島県、新潟県の4県にまたがっており、ハイキングや山登りなどで行く人が多いです。実際に行くならば、群馬県の尾瀬戸倉が玄関口になるので、東京からそちらに向かうという形になります。東京から向かうということになると、高速バスを利用するか、新幹線とJR上越線、路線バスを乗り継ぐかということになるでしょう。高速バスを利用する場合には関越交通「尾瀬号」を利用し、バスタ新宿から乗って現地に向かうということです。

このバスは1日3本運行されており、朝の6時台・7時台の朝便と夜の22時台の深夜便が運行されています。朝便であればおよそ4時間25分で到着し、深夜便であればおよそ5時間30分で到着します。朝早くからハイキングなどを楽しむのであれば、深夜便を利用すると早朝から活動することが可能です。ただし、関越交通の高速バスは季節運行ですので、5月中旬から10月中旬しか走っていません。オフシーズンに高速バスで行くというのは限りなく難しいでしょう。

もう一つの行き方が新幹線とJR上越線、さらに路線バスを乗り継ぐ形です。高速バスは一回乗れば現地に到着しますが、こちらの行き方は東京からあれこれと乗り継いでいく必要があります。東京駅から上越新幹線で高崎駅まで行き、JR上越線で沼田駅まで普通列車で行きます。沼田駅から関越交通の路線バスで尾瀬戸倉まで行くということです。最速で行くことができればおよそ3時間30分で行くことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *