東京近郊の日帰りスキーツアー

スキーといえば山奥のゲレンデまで大変な思いをして移動しなければならないイメージがありますが、現在では地方のほうまで高速道路のネットワークが整備されているため、意外と簡単にゲレンデまでのアクセスが可能なこともあります。

旅行代理店などで募集しているパッケージツアーのひとつとしてのスキーツアーのなかには、こうした状況を生かして日帰りの日程でスキーを楽しめるようにしたものまで登場しています。たとえば東京都心から郊外に向かって出発するスキーツアーの場合であれば、那須高原や赤城高原、猪苗代湖畔などが日帰りで行けるターゲットとなります。

このあたりであれば都心を朝方に出発したとしても午前中には到着することができますので、昼食をはさんで日中はすべてスキーを楽しむ目的に充てることができ、時間的にも十分すぎるほどです。帰りは夕方に現地を出発し、そのまま高速道路を通って都心まで戻ります。日帰りのツアーにはいろいろとメリットがありますが、料金が他の別のプランと比較してきわめて安価に設定されているところなどは特筆されます。

日帰りというのは詰まるところ宿泊をともなわないということですので、現地でのホテル代はいっさいかかりません。特にリゾート地のホテルというのは内装外装ともに豪華で快適につくられている反面、宿泊料金は高くなりがちということがあります。そのためこの宿泊代金がなくなるだけでもかなりのコスト減につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *